Tokyo Theory

Tokyo Theory

セルフタイトルナンバーとしてリリースされる"Tokyo Theory"はベースラインが醸し出すグルーブ感を全面に打ち出し、ヘビーで刺激的なサウンドに仕上がった新曲。
リフレインされる特徴的なベースのグルーブに合わせたギターリフとキーボードに加え、Yu Takada(Augment Play)による力強いドラムが彼らなりのバンドサウンドを表現している。
また、名曲へのオマージュをしつつ自分の解釈を加えていくVo. Kazukiの歌詞とフローが、東京の街を映し出していく。

ストリーミング

ダウンロード

プロモーション

Tokyo Theory

2020年1月結成。
海外のヒップホップやオルタナティブ・ロックの影響を受けたトラックに、ラップを織り交ぜることによってこのバンドにしか実現できないニュー・ミクスチャーサウンドを目指している。

"東京に生きる"ということをテーマに刺激的で迫力のあるトラックや、シネマティックなサウンドスケープを描くトラックまで幅広くTokyo Theoryのサウンドを追求していく。

ライブではサポートを迎え入れバンドセットで行なっており、都内を中心に活動中。

lit.link