TECHNO BLUES side B

愛はズボーン

高揚感を生み出すシーケンサーによるトランストラックとディストーションギターのロックサウンドによるアッパーなサウンドを奏でる4人組。『TECHNO BLUES sideA』との連作となっていおり「SORA」ではHYPER POPと呼ばれるオルタナティブかつ刺激的なサウンドを採用しながらJ-POP的な解釈でまとめあげる。「BEAUTIFUL LIE」ではチップチューンサウンドを彷彿とさせたかと思うとリバービーで力強い80’sロックサウンドへと変貌。sideA/Bを通して散りばめられた漫画や映画、ゲームといった多世代カルチャーのオマージュが忍んでおり、懐疑的解釈を広げることもできる作品となっている。

ストリーミング

ダウンロード

愛はズボーン

「大阪はアメリカ村から来ました。愛はズボーンなんだよ」
2011年7月結成。
バンド名は「日本人にしか付ける事の出来ない名前」をテーマに命名。語感は英語「I was born」。

iwzbn.com