Gloria

山崎和也

色濃い一点の暗闇を描くために、そこには強い光を表現しなければならない。
そう思いながら20歳の頃の僕が書いた曲です。
恋人、友人、家族、誰かを 愛したことのない人はいないように、失ったことがない人もいないと思います。
もうそばにはいないかもしれないけど、それが仕方のないことかもしれないけど、
悲しいという事実は変わらなくて、それでも元気でいてね。
そんな祈りを込めて作りました。

ストリーミング

ダウンロード

プロモーション

山崎和也