Louder

sankara

今回は、韓国からHYUKOHのイム・ドンゴンと、同じくイ・インウ(HYUKOH),ナモからなるTHE OUTSOCIALがトラックを担当。トラックメイカーでありバンドマンでもあるチームだからこそなせる業によって、TossのラップとRyoの歌が生々しくグルーヴする。

ビタースウィートなヒップホップやR&Bの色はsankaraとプロデュースチームの接点。ギターのコードカッテングやベースの、空気の振動までをも捉えたような音の鳴りやフックの爆発力はバンド畑ならでは。それらの融合によって、sankaraのキャリア史上もっともアッパーでライブ映え/フェス映えする曲が完成した。

ストリーミング

ダウンロード

プロモーション

sankara

ラッパーのTossとシンガーのRyoによる二人組。二人とも幼き日を海外で過ごし、90年代のヒップホップ/R&Bをルーツに持ちながら、10年代以降の“シティポップ”や“チルアウト”といったドメスティックなシーンも捉えたトラックと、英語と日本語をシームレスに行き来するリリック/フロウが話題に。
2020年は、EP『SOP UP』が3月度の渋谷タワーレコード・ヒップホップチャートの1位、内田理央の出演したシングル「Elevator」のミュージックビデオは13万を超える再生回数を記録。さまざまなアーティストとのコラボレーションにも積極的な動きをみせる。

sankara-itf.com