looks simple but

Genya

福岡出身の宅録SSW。
宅録サウンドでありながらフォークやソウル・ミュージックの影響を色濃く受けたメロディーとた哀愁と孤独感を醸した低音ヴォーカルが特徴的。
今作は1EP【Jumble】から約1年ぶりのリリースで、
タイトルは【looks simple but】。
「単純に見える事も実は複雑に絡まり合った何かで、複雑に見える事も実は単純な何かなのかもしれない」そんなことを、孤独と人間との関わりの中で行き来し、感じていくような作品に仕上がっている。

ストリーミング

ダウンロード

Genya

福岡出身。ロンドンでの旅を通してインスピレーションを受け、2018年5月より、福岡を拠点として音楽活動を開始。
宅録を基本とし、フォークやソウル・ミュージックの影響を色濃く受けたトラックと、哀愁と孤独感を醸した低音ヴォーカルが特徴的。
70〜80年代のソウル・ミュージックから、現代のサウス・ロンドンにおけるインディーシーンに呼応するかのような質感のサウンドで、2019年6月21日、1st EP「Jumble」をリリース。TOWER RECORDSの運営するメディア「TOWER DOORS」にてピックアップされるなど、
各方面より注目を集める。

www.genya.online