白髪処女

松岡宮

「ラジオNIKKEI・おとなのバンド大賞2019」優秀賞受賞作がプロレコーディングにてついにリリース!
<白髪の中年女性になっても・・・初めての恋がしたいッ!>
白馬の王子様を待ちすぎて「もう白馬でもいいから来て~(;_;)」と夢見る白髪女性(しかもサボテンマニア)のつぶやきを、半白髪の松岡宮がユーモアとペーソスたっぷりに唄っています。

ストリーミング

ダウンロード

松岡宮

ポップな音源に不思議な節回しで詩をうたうポエトリーアーティスト。代名詞ともいえる「駅員・車掌シリーズ」のほか、思春期の傷つきとその回復、都市とのつながり、など、詩情豊かなテーマを、シリアスとユーモアが混ざったリリックで語ります。奥が深くてクセになる松岡ワールドをお楽しみ下さい。

miya.o.oo7.jp