その声は歌となる

阿部隆志

個人的にも世界的にも間違いなく分岐点とも言える壮絶な3年間を経て、様々な想いを廻らせ書き上げた今作は弾き語りの延長ではなくギタリストに石垣隆太、ドラマーに吉本ヒロ、ベーシストにササイアツシを迎え、この4人ならではの音楽性を追求して完成した阿部隆志BANDの処女作。

「4人でやれることの可能性」をバンドのコンセプトにコーラス以外は潔く全曲1発録りでのレコーディング。

身近にある他愛もない日常から、果ては宇宙までと続く不器用ながらにも確かな愛を感じられるこの3曲は、どこか懐かしく哀愁の漂うノスタルジックセンチメンタルな作品集となっている。

ストリーミング

ダウンロード

プロモーション

阿部隆志