特集

インタビューDJ MITSUさん
  • 特集
  • 2016/10/28

1999年に結成された”nobodyknows+”のリーダーを務める傍ら、中日ドラゴンズ球団公式ソングを始め、TVからストリートシーンまで多くの楽曲を制作する”DJ MITSU”。

彼は制作スタジオ「Sigma Sounds Studio」を運営し、自身のレーベル「$TAX RECORDS」から名古屋在住のHIPHOPアーティストを世に送り出してきた。

名古屋を拠点にメジャーシーンで活躍する”DJ MITSU”に「BIG UP!」への可能性と期待を聞いた。

 

 

 --「BIG UP!」の率直な感想をお聞かせください。

MITSU)そうですね。いいんじゃないでしょうか(笑)

 

 --「BIG UP!」のどのようなサービスが特徴だと感じましたか?

MITSU)まず「自分の作品をどうやって売っていいか分からない」という人にとっては、とても良いサービスだと感じました。

今、(販売方法が)多様化しているので、音源をどうやって売ればいいか分からない人が多いと思います。

そんな売り方が分からない方にも「選択肢の1つ」になるのかな、ということ、あとは…登録曲数が増えると単純に音楽業界が潤っていいですよね(笑)誰もが楽曲を作れるようになった時代に、これは非常にいいシステムじゃないかなと(笑)。できれば一枚噛ませていただきたいです(笑)。

 

 --サイトとしてのデザイン、マネタイズプラットフォームとしての使い勝手はどうですか?

MITSUすごく使いやすかったです。分かりやすいと言うか。マネタイズが可視化しているのはモチベーションにつながるのでいいと思いますね。現在の状況が分かると本人たちは「では次にどうすればいいか?」という発想が出てくるはずです。

「やっぱり宣伝が重要なのかな?」とか、「自分たちがどう動けばいいのか?」とか、個々で活動するアーティストにとってすごく良い指標になりますよね。

 

 --音楽業界で活躍したいと考えている方にとって、「BIG UP!」はそのサポートになると思いますか?

MITSU1つの選択肢としてはもちろんなのですが、今後のアップデート次第では非常に可能性のあるサービスだと思います。

そのブランド力がより育てば、「BIG UP!」の中で(アーティストとして)全部「バンッ!」と行きたいって人も間違いなく出てくると思いますね。

 

 --昔は東京に行かないとメジャーアーティストになれない。そんな考えがあったと思います。しかし、MITSUさんは10年以上前よりホームタウンである名古屋から音楽を発信し続けていますよね。「BIG UP」は各地のアーティストが活躍する場を作って行けると思いますか?

MITSU)そもそも『音楽』ということに関しては、(東京と地方との)垣根はあまり無いと思っています。ただ、マーケットの上で戦う場合に『地方』というのがマイナスになってるようでは意味がない。その特色をより際立たせ、リスナーを含めその街に関わる人が楽しめるような企画であれば、そういった区分けもアリかな?とは思います。

 

 

 --MITSUさんから見て名古屋にない東京の強みはどのようなところだと思われますか?

MITSU情報とテクニックですかね。その昔、ミックスの時に僕は毎回東京に行っていたんですけど、やっぱり情報量が半端ないと思いました。「今はこれだよ!」とか、「最近こんなソフトがスゴいんすよ」みたいな情報があって、実際に音を聞いてみると「ズバッ」と来たりするじゃないですか。ネットでは原音を体感できないし、実際に触れないですからね。

さらに雑談レベルで「こんな面白いラッパーがいた」だとか、とにかく情報やスゴい人もいっぱいいますよね。だから、東京でTOPにいるような人にはものすごい情報がちゃんと集まっているんだなと。

 

 --そんな情報もテクニックもある東京には行かず、名古屋にこだわった理由は何ですか?

MITSU)やっぱりそれはこっち(名古屋)のシーンがまず面白かった。別の意味で全然成熟していたからです。ブロックチェーンじゃないですけど、それぞれがそれぞれを監視してより精度が上がっていくような。そこにガッツリいたもんですから、捨てていくような気にならなかったっていうことですね。あと、うちのメンバーを東京に連れてったら遊んでばっかりで全く書かないんじゃないか?と思ったのもあります(笑)

 

 --名古屋独特だなと思うシーンはありますか?

MITSUそうですね…好んで上に立つ人が少ない(笑)。今もそうだと思うんですけど、その環境ってのは若い人が伸び伸びやれるんですよね。無駄な年功序列がないんです。東京とか色々大変そうじゃないですか。田舎なんで大体近い年齢で繋がってるんで、威張っててカッコ悪いおっさんが少ない。何でもいいよ〜みたいな。でも間違えてたらキッチリ本人に返ってくるし。そういう田舎らしい、ちょっとした優しさってのは、ありますね。それが名古屋のいいところじゃないですか。

 

 --具体的にはどのような感じが名古屋っぽさですか?

MITSU)例えば…今だとフリースタイルに人気が集まってて、名古屋で頑張ってる若い人もいますよね。僕とは世代も違うのでそれほど交流もないですけど、そういうことを街中でやってても「恥ずかしくない場所」というのがちゃんと名古屋にはあるんですよね。何を言ってるんだと思われるかも知れませんが、いわゆる『街中で集まってフリースタイル』とかって、静かな漁村なんかで夜中にやってたら通報されるじゃないですか(笑)

「アンタんとこの息子、おかしなことやってるよ」ってなっちゃうんですけど、(名古屋では)まぁ別に大丈夫なワケで。街中でとか駅前で始めてもみんなはそれを許容するし、そういう場所がいくつかあったりっていうのは、やっぱり期待値みたいなモノも含めて「その街の何か」かな?と思うところはありますね。とはいえそれほど街の関心も強くない(笑)

ただ、情報は今やインターネットとかで何でも取れますし、そこからちゃんと街に出て動き始める子たちがいると、そうやって新しいシーンが出来ていくんだなとは、今更ながら思いますね。それをバランスよく許容できてる、という感じですね。

あとは…そこにつながる話なんですが、やはり街に出ることで会った人たちにCDを渡すことが出来ますけど、WEB上のサービスとかだとなかなか出来ないですよね。名古屋だとショップとかも友人の友人の…、くらいでほとんど繋がれるんで(笑)、そこに生まれる人の温もりというか、そういうことができるのがいいかな、と。

 

 --デジタルとアナログという次元ではなくて、「face to face」なコミュニケーションも必要なのでしょうね。

MITSUそうですよね。「BIG UP!」でもその辺りを加味していけると、コミュニティとかと繋がれて良いんじゃないかなと思うんですよね。ほんの少しでいいので、人の温かさ的な。

 

 

 --「地域と繋がってゆく」ことを考えると、各地で「BIG UP!」主催ライヴを行うのも良いですね。

MITSUそういうのは絶対いいですよね。「多くの人前で歌える」、そんな夢を見せられるのであればじゃないですか。世界的にやるのは大変だと思いますけど、日本国内ってことであれば出来ますもんね。FMなんかも含めて、地方のコミュニティは絶対あるんで。

 

 --我々も「BIG UP!」で全てが完結するとは考えていなくて、「足掛かり」になればと。もしかしたら、とてつもない音楽的才能を持っているけれどコミュニケーション能力が無い方がいて、その方が世に出るキッカケが作れるかもしれないなと。

MITSUいいですよね。「ベッドルームDJ」を始め、家から出ない、そういう方達が何かチャレンジできる場所として「BIG UP!」があれば社会貢献にもなりますよね(笑)。ポケモンGO以上だと思います。

 

 --「BIG UP!」にとっての次のステップはどんなことだと思いますか?

MITSUやっぱりレーベルブランドって、すごく重要ですよね。このレーベルにフックアップされると自分が認められた感があって。だから、「BIG UP!」の中に、例えばとても洗練されたジャンルごとの「レーベル」があると、言い方は悪いですが「拾われた感」、つまりフックアップされた感が出てくると思うんですね。もう考えているのかもしれませんが。

夢が繋がっていく感じというか、「BIG UP!」ならではの繋がりになりますよね。そういうネットならではのカリスマ的レーベルが出てくるといいですよね。

 

 --今後の「BIG UP!」に期待いただけることがあれば、教えてください。

MITSU僕はもう誰もが「売ろう売ろう」として音楽がその本質さえも忘れた歪(いびつ)なもの…つまり、みんな同じようなものになっていくことが一番嫌なんです。一番自由であるはずの音楽が「売れる売れない」という基準になって、どんどん自由からかけ離れた形になっている。でもそれすら売れていない(笑)。

じゃあ、それとは違うことをして、面白がって実験的なことやって…でも、そんなことしているうちに、どこに向かっているかすら分からなくなったことがありました(笑)。

そんな中で僕が出した答えのひとつは「音楽は誰にでも優しく、誰にでもできる」。

一人のカリスマを創り上げることも重要だとは思いますが、誰でも立つことができるステージを作るっていうのもすごく大事だと思います。

一番根本のところでもあると思うのですが、「音楽」というのは、誰にでも平等にチャンスを与えることができる表現の場所であってほしいと思うし、「BIG UP!」もそういう場所であってほしいなと思いますね。

 

 



プロフィール:DJ MITSU (nobodyknows+)
 Sigma Sounds Studio / $TAX Records 主宰。DJ/プロデューサー/トラックメイカー/ミキシングエンジニア。nobodyknows+としてNHK紅白歌合戦出場、これまでにベスト盤を含む5枚のフルアルバムを発表。またサウンドプロデューサーとして、2010年より現在まで地元中日ドラゴンズ/チアドラゴンズのオフィシャルテーマソング、ナゴヤドームのメインヴィジョンで使用される楽曲のほぼ全てを製作/担当、2012年『全国映像協会グランプリ』を受賞。愛知県より『あいち音楽大使』を2期連続で委嘱。また別名義『DJ BlackTiger』としてRemix / Disco Re-Edits系のアナログレコードを継続的にリリース、現クラブシーンの最先端とされるドイツ 東ベルリンでもプレイ。その最新作においてはJuno Records(UK)/DownTown 304(NY)/Pigeon Records(JPN)といった世界トップクラスのアナログレコード店でのみ取り扱われ、Rub'N'Tug, Scott Grooves, Killer Funk Disco All Starsなど世界的にも著名なDJが各国でプレイした事もあり、即日ソールドアウト。社会派B-Boy。