特集

アーティスト特集Vol.3
  • 特集
  • 2016/11/01

SLOWBIRD

HERO/君といたいから~Love in you baby~

パッケージ画像

渋谷、池袋ほか、都内近郊の路上ライブで人気急上昇のSLOWBIRDは、2015年9月結成のフレッシュなバンド。スリーピースバンドでスタートするも、10月より新メンバーが加入し4人体制に。メンバー全員、東京スクールオブミュージック専門学校出身、平均年齢22歳。ライブハウスでの、多彩な楽器陣をバックバンドに迎えてのライブもまた人気。作詞・作曲、ボーカル担当のRYOTAは、ほぼサザンオールスターズ、山下達郎しか聴かないという家庭で育ち、幼少時代から昭和J-POPの影響を強く受けたという。そんなRYOTAが生み出すSLOWBIRDの楽曲は、どこか懐かしく、せつない。RYOTAの独特な甘い歌声もまた魅力的。

https://big-up.style/artists/278

 

Logical OSCillator

E.S.O.T.

プロフィール画像

都内で活動する、女性ボーカルバンドLogical OSCillator(ロジカルオシレーター)。LOGICAL(ロジカル)、論理的に、OSCILLATOR(オシレーター)、音を創造する、というのがバンド名の由来。いくつもの不安定要素によって構成されている音楽は、ともすれば感情というものにも大きく左右される存在であり、音楽を提供する側も聴き手側も感情によって振り回され、あいまいな判断を下してしまうこともあるのではないかというLogical OSCillatorの名前には、もっとしっかりと音楽を語ろう、論理的に、より確かな方法で、音に近づき、音を創り出していきたいという思いが込められている。2009年7月、リーダーのほぼうさ(Piano)を中心にメンバーが集まり、バンド結成。

https://big-up.style/artists/290

 

遠藤紗綾

ふわふわ

パッケージ画像

声優・シンガーソングライターとして活動中の彼女の歌声と楽曲は、一度聴いたら頭から離れない、不思議な雰囲気の持ち主。作詞家として活動する反面、自分自身の曲も制作し、自分でも歌いアクティブに活動する行動派。シンガーソングライターとしての活動は2016年3月から。楽曲「ふわふわ」は、デビューシングル。ブログにて、自身の歌は下手だというが、そこがまた応援したくなる一面でもある彼女は、イケボ(イケメンボイス)とメガネ男子と可愛いおんなのこが大好き、KinKi Kidsの堂本光一、オリエンタルラジオの藤森慎吾が大好物だとか。2017年配信限定で、アルバムのリリースも決定。

https://big-up.style/artists/306

 

LEMS

Canvas on the street

パッケージ画像

DJ、BeatMaker、作曲家として活動中のLEMSは、1999年に六本木で本格的にDJ活動を開始すると同時に音源制作も開始。人見知りだけど話し好きであり、恥ずかしがり屋なのに目立ちたがり屋の両面を持つという、超AB型の性格。自称“真面目なアホウ”だというLEMSは、音源制作もある意味アホウな感覚で制作するという。自身は、2008年にアナログ「Siki」でソロデビュー、発売後即完売。続くデビューアルバム『globe trotter』の発売で話題に。またSEAMO、SPEEDほか多数のアーティストに楽曲の提供もするが、コラボレーション等、アルバム合作、カバーアルバムの制作など、多数のインディーズ系コンピへの参加もする。現在は、和を伝える叙情的トラックメイカーとしても認知される、日本が世界に誇るトラックメイカー。

https://big-up.style/artists/289

 

鮎沢郁弥

逃げた太陽

パッケージ画像

愛知県名古屋市生まれ、名古屋在住のアーティスト。幼少よりピアノを習い、小学生時代には合唱部に所属。中学時代にギターを始めると同時に作曲をするようになり、高校生の頃はギタリストしてバンド活動を開始。1991年にはインディーズバンドでギター、作曲を担当し、ミニアルバム、マキシシングルをリリース。バンド解散後、1995年頃からコンピューターによる打ち込みでの作曲を学びつつ、その後ボーカリストへと転身し、シンガーソングライター・Lalah luminoux(ララ・ルミナス)として活動。その後、現在の鮎沢郁弥と改名し、Lalah luminoux、鮎沢郁弥の名義で散発的にデモ音源をインターネット上で発表し続けている。2013年5月にファーストアルバム『風は群青の空をそよぐ』を発売し、名古屋にて定期的に無料路上ライブも行う。2015年3月、セカンドアルバム『パレードがくるよ』を発売する。

https://big-up.style/artists/265

 

井上優美

Up to you

パッケージ画像

演劇・舞台経験とその中性的な声を生かし、言葉と音の世界を全面に伝えるステージを展開中の彼女は、東京・神奈川で活動中のシンガーソングライター。現在、都内のライブハウスや野外イベントなどでライブを行っている。ライブは、バンドスタイルからウクレレ弾き語りまで、演奏形態は幅広い。生で音楽を聴きたい人はたくさんいるけど、でもライブハウスやライブバーには行きづらい人もいる。どこにでもある「カフェ」なら、みんな気軽に入れるはずというコンセプトで、ライブが聴ける「カフェ」をあちこちで開店してしまえと始めた仮想カフェ空間。その瞬間、その場所限定で開店する「カフェテリア・マイボイス」で、色とりどりの味わいを持つ曲を披露中だ。

https://big-up.style/artists/266

 

室岡裕介

永遠に君のメロディ Lightning Bolt 0818

パッケージ画像
ボーカル・作詞・作曲すべてを担当する、シンガーソングライター。自身の音楽は、洋楽はDef Leppard、Van Halen、Harem Scarem、Linkin Park、Nickelbackに、邦楽はB'z、WANDS三期にどこか影響を受けているという(もちろん、これだけが好きなわけではないというが)。音楽以外にも、欧米文化、中国の先生に習ったことのある気功ほか、YouTubeの「めぐみちゃんねる」、「UUUM」などにも興味があって応援をしているということが、自身のYouTubeチャンネルで配信中の動画がから見て取れるのが面白い。美味しい珈琲をドリップで淹れることが得意だという、室岡裕介というアーティストの活動範囲もまた興味深いところ。

https://big-up.style/artists/273

 

吉田司

Brownie

パッケージ画像

福岡生まれ、広島大阪経由、東京在住の都内のライブハウスを中心に活動をしているシンガーソングライター。長年、自身のバンド・ロメロでボーカルを担当、人気を博し、ワンマンライブを行うなど話題になるも、2人のメンバーが脱退後活動を休止、4年間の活動を経て、2015年に惜しまれながら解散。以来、吉田司としてソロで音楽活動を再開。ライブハウスほか、YouTube、Facebook、Twitterにて、オリジナル曲からカバー曲まで、ギターの弾き語りで、魅力溢れる歌声を披露することも。

https://big-up.style/musics/591