• Japanese
  • English
  • Simp Chinese
  • Trad Chinese

ニュース

2019年7月6日に開催される大阪ミナミアメリカ村一帯にて開催するロックフェス「見放題2019」と音楽配信代行サービス「BIG UP!」が共催したオーディションの優勝者が「Arakezuri」に決定!
  • ニュース
  • 2019/06/13

今夏も大阪ミナミアメリカ村一帯をジャック!サーキットフェス「見放題2019」が2019年7月6日に開催される。このイベントの出演権をかけて、音楽配信代行サービスを初め様々な形でアーティストをサポートしているBIG UP!とのコラボオーディションの優勝者が滋賀県代出身の4人組ロックバンド「Arakezuri」に決定した。
滋賀県代出身4P弱虫ロックバンド
”愛と哀”が染み付いたメロディーと歌詞、
ライブで轟音に成るビックラヴロックソングが定評。
"弱虫は弱虫にしか救えない"をモットーに、
4人で奏でる歌心を最大の武器にして今日もどこかのライブハウスで歌っている。

“Arakezuriの音楽は誰も傷つけない刃って感じ。刺さるのに痛くない”-ジャケットデザイナー

“ライブを観るとどうしても音源が欲しくなる。とても気になる。”-京都バンドマン

“初見でダントツ優勝、想像を超えていた。”-ライブハウスに通うお客様

“当たり前にいる大事な人を大事に思った上で外側の世界に大砲をぶちかませている。”-大阪シンガーソングライター
見放題は、毎年夏に大阪ミナミアメリカ村一帯にて開催するロックフェスです。各会場を自由に往来し、1日で数多くのアーティストのライブを楽しめる文字通り見放題なイベントです。
著名なアーティストの他に地元関西を中心にインディーズやアマチュアのアーティストが数多く出演しており、その選定は、見放題スタッフが1年かけてライブを観たアーティストの中から厳選して出演依頼を行っており、音楽のジャンルは幅広く、基本的にジャンルレス、ボーダーレスのアーティストのライヴが見放題で楽しめるイベント。
このイベントに出演権を今回見事獲得した「Arakezuri」は”愛と哀”が染み付いたメロディーと歌詞、ライブで轟音に成るビックラヴロックソングが定評のバンド。「見放題2019」は下記の詳細で行われ、見逃せないフェスになりそうだ。
イベント概要
開催日:
2019年7月6日(土)
開場/開演:
12:30/13:00
会場:
大阪府 心斎橋アメリカ村周辺の23会場
BIGCAT / SUNHALL / JANUS / OSAKA MUSE / FANJtwice / DROP / BEYOND / VARON / club vijon / AtlantiQs / Pangea / CLAPPER / BRONZE / hillsパン工場 /新神楽 / HOKAGE / KING COBRA / MUSE BOX / SUN HALL BAC STAGE(B1F) /SUN HALL EX STAGE(B2F) / knave / ヴィレッィヴァンガードアメリカ村店 / SPINNSアメリカ村店
出演者数:
176組(予定)
料金:
4,000円 ※ドリンク代別
その他の詳細は「見放題2019」公式サイトをご確認ください。