体験を真っ直ぐ描く、ツカダカインのリアルなリリック

PICK UPアーティスト

BIG UP! ユーザーの中から、今聴きたいアーティストをピックアップ! 今回はツカダカインをご紹介します。

生々しい言葉に心惹かれる

ジェンダーに対する考え方が、改めて見直されている昨今。いまだに童貞や非モテを武器に進んでいく、メンタルが強いラッパーがいる。彼こそツカダカイン、1998年生まれのラッパー兼イベントオーガナイザーだ。

ツカダカインの面白さは、陰キャならではのエピソードを保有していることだろう。中学生の頃に塾の後輩からカツアゲされたり、高校生の頃に女の子と全く話せなかったり。「それは作り話でしょ」と思いたくなるフックあるエピソードを持ち、それを自身のリリックに活かしている。
「レモンサワー」では<呑まれんのは酒だけでよかった>と好きな子に流された夜を歌い、「それでも彼女ができない」では<君は振り向いてすらくれない>と思い通りにいかない恋愛を唱える。本当に感じているからこそ放たれる言葉こそ、ツカダカインの魅力なのだ。

先月リリースされた「Lonely Xmas」も、彼のカラーが強く打ち出された1曲。フックから<街中がメリークリスマス 僕には来ないメリークリスマス>と歌えてしまうメンタルは強い。彼自身のキャラクターも含めて、今後が楽しみなラッパーのひとりだ。

●こんなアーティストが好きな人におすすめ●

・t-Ace
・STUPID GUYS
・堂村璃羽
・たかやん