dawn of diego martin

渡辺明応 , n'sawa-saraca

n’sawa-saraca(Keyboard)と、渡辺明応(Steel pan)のLo-fiコラボの4作目。
トリニダード・トバゴのカーニバルが終わった翌日は、この国で一番静かな朝を迎える。
閑静な住宅街であるディエゴ・マーティンの夜明けに録音した鳥のさえずりから始まる今作は、混沌としたカーニバルの熱気を沈めるチルアウトミュージックに仕上げた。
今作でも二人が得意とするスティールパンとフェンダーローズが語り合う旋律が充分に味わえる一曲。

ストリーミング

ダウンロード

プロモーション

渡辺明応 , n'sawa-saraca

スティールパン、ギター・ウクレレなどマルチ弦楽器奏者。
2009年、WAIWAI STEEL BANDに加入。
スティールパン発祥地トリニダード・トバゴへ2017年に渡航。
初のソロアルバム『in my room』を2018年5月に発表。
ギタリストのPaniyoloとのデュオアルバム『空も少し』を2019年10月にリリース。
共同制作も積極的に行っており、n’sawa-saracaとのLo-Fi Projectでは、Lo-Fiビートにキーボードとスティールパンを融合させ、独自の世界を作り上げている。

watanabeakio.jp